奈良県 大和高原 大和茶 販売

田原ナチュラル・ファームの茶畑は、農薬も化学肥料も一切使わずできるだけ自然に近い環境で野菜を育てる自然農法です。

ゆたか農園 奈良県大和高原 大和茶 田原の里 さきみどり 200g|giftnomuraゆたか農園 奈良県大和高原 大和茶 田原の里 かぶせ茶 200g|giftnomuraゆたか農園 奈良県大和高原 大和茶 田原の里 深むし茶 200g|giftnomura

ゆいのお茶 奈良県大和高原 大和茶 田原の里 緑茶 150g|giftnomuraゆいのお茶 奈良県大和高原 大和茶 田原の里 焙じ茶 180g|giftnomura


 

 

人もお茶も野菜も虫も
みんな 結”ゆい” でつながる

福井佐和

田原ナチュラル・ファームのお茶
“ゆい” のお茶

春日山の東側、緑広がる田原の里に自然農法を実践している大和茶畑があります。
「毎日飲むお茶だから、自分で作りたい」 と大和茶畑が広がる田原の里に、田原ナチュラル・ファームを開きました。
田原ナチュラル・ファームの茶畑は、農薬も化学肥料も一切使わずできるだけ自然に近い環境で野菜を育てる自然農法です。茶畑でよく見かける黒いネットも扇風機もなく、土はふわふわ。鹿のフンやイノシシの掘った穴、肥料にした卵の殻などが足元に広がります。
お茶も野菜も人と同じ、過保護すぎても良くないのです。自分で生きようとする力が根を張り、花を咲かせるのです。
今は3つの茶畑と2つの畑を借り、まだ少人数ですが賛同してくれるメンバーを募って、この畑でとれたお茶“ゆい(結い)”の生産から販売までを一緒に取り組んでいます。

代表 福井佐和

人と人とのつながりからできるお茶

奈良市の中心地から東へ約12km離れた場所、緑豊かな田園や茶畑が広がる「田原」の里。2004年、自然農法でお茶を栽培する田原ナチュラル・ファームは誕生しました。
代表の福井佐和さんは、その茶畑で大切にお茶を育てています。

そこにいる人たちで助け合い、分かち合う

かつて百貨店にお勤めだった福井さんは、自然農法に興味を持たれ、日本各地を巡り農業体験を重ねられました。その後、あるご縁で「田原」
の地で茶畑をはじめることに。何年も放置された茶畑を借りたため、自然農法で再生させるには数々の苦労があったと言います。今では緑美しい
茶畑になり、賛同してくれる仲間を募って、生産から販売まで一緒に取り組まれています。
「農業は1人じゃない。近隣の農家さんや一緒に生産に取り組む仲間、みんなで助け合って、喜びも分かち合う。」
この”ゆい(結い)”の精神でこれからも自分らしく歩んでいきたいと、福井さんは語ってくれました。

四季折々のお茶

夏の番茶。秋の紅茶。冬のほうじ茶。そして春の新茶。どれも、その季節ごとの個性豊かな味わいのある大和茶です。それぞれの持つ独特の味わいを、旬の食べ物やライフスタイルに合わせて生活の中に取り入れて楽しんでほしい。それが、大和茶を楽しむ最良の方法だと、福井さんは笑顔で
言います。

田原ナチュラル・ファームブランド

田原ナチュラル・ファームの茶畑の隣では、福井さんのご主人もお茶の栽培に
取り組んでおられます。ライバルではなく、ときには先輩として農業のアドバイスをもらったり、
ときには仲間としてお茶について語り合ったり。二人とも、
「大和茶の美味しさをたくさんの人に知ってもらいたい」という想いは同じです。
「田原」をイメージしたパッケージとその優しい味でファンが多い
田原ナチュラル・ファームのお茶“ゆい”。地元の人たちだけでなく、日本を訪れる
外国人の方々にもぜひ味わっていただきたい大和茶です。

ITEMS

  • 社 名FieldVillage フィールドビレッジ
  • 代 表野村 一
  • 相談役西垣 広志
  • 顧 問佃 耕一
  • 所在地〒635-0076 奈良県大和高田市大谷507-2
  • 電話番号050-5328-2059
  • FAX0745-60-7530
  • メールアドレスinfo@field-village.jp
主要取引先